best.jpg

9bFOX  17 th album
and 1st best album
「the marriage of FOX
BEST of 9bFOX vol.1」
HKND-003
1.LETTER  [レトロスペクティブ京都]
2.Across the mountain  [妖怪の山 ~ Mysterious Mountain]
3.friendship [おてんば恋娘、ルーネイトエルフ]
4.BREAK [砕月]
5.紅キ月ニ吠エル [亡き王女の為のセプテット]
6.チルノあんたおバカすぎ [おてんば恋娘]
7.I Love You [今昔幻想郷 ~ Flower Land]
8.FIREFLY ,FLIES [幻視の夜 ~ Ghostly Eyes,蠢々秋月 ~ Mooned Insect]
9.最後の言葉は [ラストリモート]
作曲:ZUN(上海アリス幻樂団)
 アレンジ、作詞、演奏:ふっかん(9bFOX)
 イラスト:赤樫

【yrics】
1.LETTER
dear my friend how is going
I wrote this letter to you 
to let you know that I'm still seeking for 
dream we'd shared now we go on the road we don't share

please don't misunderstand so I don't mean you betrayed me 

(chorus)
you are the one irreplaceable for me 
I remember the days running so hard being with you
now you're still running on your own road
I know you do your best 
please take good care by yourself

remember no matter how far apart we are friend 

(chorus)

so at last look up at the sky 
never changes when we are running together
now I still have many worries 
but I never give up 
please take good care by yourself
(訳)
親愛なる友へ 元気にしているか
君にこの手紙を書いた
かつて僕たちが分かち合った、でも今はお互い分かち合えない場所にいる
そんな夢を僕は今でも追い続けていることを知ってほしくて

誤解しないでくれ 僕は君が裏切ったとか言いたいわけじゃないんだ

君は僕にとってかけがえのない一人
僕は今でも覚えている
必死で駆け抜けた日々を 君と一緒にいた日々を
君は今でも君自身の道を走っている
君ががんばっていることも知っている
どうか 元気でな

覚えておいてくれ どれだけ離れていても 僕たちは友達だ

最後に 空を見上げてくれ
僕たちが一緒に走ってた頃と何も変わっていないよ
僕は今でも心配事は絶えない でも諦めないよ
どうか 元気でな


2.Across the mountain
I look up at the blue sky and my tears all fell down
the autumn wind blowed all my memories away 
I have lost myself when you had been gone away
the biggest hall is still in my heart and suffering me

one day I promised to you someday, somewhere
we could find the place to be one
but now, all the promises are gone, and I
wondered to get here all alone

(chorus)
but I still believe to find the key of your memories
across the mountain of mystery 
even though all pieces of you are sinking 
into mist and deepest darkness yeah 
the sun's burning red and red burns my heart
to make me go eternally
seeking the pleasures day by day
and waiting for the day my hand reach for you again

I kept waking while the moon turn around deep black sky
looking for cures to care my wounded feelings 
I don't know how long I keep walking this road 
but the answer is still drawing vortex in me 

one day you told me to not be kind to you
cause it's very hard to say good-bye
happiness and evil draw spiral like a rope
how you find this word I don't know 

(chorus)

finally I found the key of your memories
I have nothing scary 
the time spent by me and you
there's a clear evidence and I can keep walking this road

the sun's burning red and red burns my heart
to make me go eternally
seeking the pleasures day by day
and waiting for the day my hand reach for you again
(訳)
青空を見上げ 涙は全て流れ落ちてしまった
秋の風は僕の思い出を全て吹き飛ばしてしまった
君がいなくなってから僕は僕自身を失くしてしまった
大きすぎる穴がまだ僕の心の中にあってそれが僕を苦しめている

ある日君に約束したね いつか どこかで
僕らが一つになれる場所を見つけられると
でも今は 全ての約束が消え
そして僕は彷徨いながら たった一人でこの場所に辿り着いた

でも僕は今でも信じている 僕は君の思い出の鍵を見つけられる
この不思議の山を越えて
たとえ君のカケラの全てが霧と深淵の闇に沈んでいこうとも
山が赤く燃えている そしてその赤が僕を永遠に駆り立てる
日ごと喜びを求めている
そして待っている この手が君に再び届く日を

月が漆黒の空を回る間起きていた
この傷ついた感情を治せる方法を探しながら
どれだけこの道を歩いたか分からない
でもその答えは僕の中で渦を巻いている

いつか君は僕に言ったよね
「あまり私に優しくしないで お別れを言うのが辛いから」
禍福は糾(あざなえ)える縄の如しって言うけど
君がどうやってその言葉を見つけたのか 僕はわからない

ようやく 僕は君の思い出の鍵を見つけた
もう怖いものはない
僕と君とで過ごした時間
そこに明確な証拠がある
それだけで僕はこの道を歩き続けていける
山が赤く燃えている そしてその赤が僕を永遠に駆り立てる
日ごと喜びを求めている
そして待っている この手が君に再び届く日を

3.friendship
when I was a child I had a innocence , everything was shining
running whole days , searching for everything 
no shortage of interest 

I had a friend , so called best friend I was with her everyday
she also had lot of curiosity lakeside was playground 

(chorus)
time's passed I've grown up and learn how to live
my crush is beginning to decline

my friend we have a few chance to meet again 
do you look up at the same night sky?

I'd like to say I have never changed 
even if we are getting far apart 
memories of you are still shining in my mind 
they keep on living forever

whish I could happen to meet you again 
in this city and under night sky 
so tell me about your adventure story
I will tell you my own story

(chorus)

I'm living in the busy days but sometimes look back
never forget our memories , proof of friendship 

(訳)
私が子供の頃 私には純粋さがあった 全てのものが輝いていた
一日中走り 全てのものを探し 興味が切れることがなかった
私には友達がいた 親友ってやつだ 私は彼女と毎日いた
彼女もまた 旺盛な好奇心の持ち主で 湖岸が私たちの遊び場だった
時は過ぎ 私は成長して 生き方を学び
私のトキメキは衰えはじめたんだ
友よ 君とはまた会える機会は殆どないけど
君もまた同じ夜空を眺めているんだろうか

私は言いたい 私は変わっていないよ と
たとえ私たちが遠く離れていたって
君の思い出は私の心の中でまだ輝いていて
永遠に生き続けている
君にまた会えたらな この街で 夜空の下で
そうしたら 君の冒険の物語を教えてくれ
私は私の物語を話そう

忙しない日常を送っている でも時々振り返って
私たちの思い出は忘れないよ
​友情の証だから

4.BREAK 
It's my life yes repeating the days of shit
working so hard that makes me sick
need to bow to whom I'm really disgusted
frustration is growing up

Yes I did I really had a tiny dream
it's no  worth to be heard
but now I keep it into deep inside 
of me to hide it has been broken in pieces

tried to grab it in my hand 
I thought that I really made
even though it already had a crack
now can't see on my foot 
cause they're bring me down 
but why do they still have shine

weekend has come , it's the time for me to care my worn heart 
get together and have a party til we pass out
drinking beer play the guitar and sing loudly
we need to let the party goes on 

can I sing a song once more to make me remember days
when I seeked for the dreams and to forget melancholy
drinking  beer feed the fish but can't stop to sing 
we need to let the party goes on

(訳)
そうさ これが僕の人生だ クソみたいな日々の繰り返し
働き過ぎて イヤになるくらい
ムカつくやつにも頭を下げなくちゃならない
フラストレーションはたまるばかり
そう 僕にも本当は小さい夢はあったさ
聞く価値もないものだけど
でも今じゃ僕の中深くに隠してしまった
粉々に砕けたのを隠すために
この手に掴もうとしてた 本当にできると思っていた
たとえ既にヒビが入っていたとしても
今は僕の足元のそれを見ることができない
へこんでしまうからさ
でもなんで今でも輝いているんだ
週末が来た 傷ついた心を癒す時だ
みんなで集まってパーティしようぜ 気を失うまで
ビールを飲んで ギターを弾いて 大声で歌って
このパーティを続けることが大切なんだ
もう一曲うたっていいか 
夢を追い続けていた日々を思い出すため
そして憂鬱を忘れるため
ビールを飲んで ゲロをはいて でもうたうのはやめられない
このパーティを続けることが必要なんだ

5.紅キ月ニ吠エル

It's been a time finally
here's I stand and confront you
anyway you take how tricky you are
nothing to to be unforgiven

but have you finish to pray?
it's too late to go back home
however you beg for my forgiveness
no one can come here to help

I don't need to think about that 
cause your eyes and arms 
tell me that you need to fight
you don't need any morals and
rules that restrict us
in this theater 
so let's start 

(chorus)
beginning the showtime now
liberate your violence
you don't need to repress it 
I will make you a starved beast   
take you to the higher place
where we break through the clouds
don't you see this scenery
howling at the scarlet moon

it's been a time on the peak
here we shred our lives
how many bullets how much sweating 
I don't remember we have seen

you do well as human being
so that you have hunt me down
you are the first one who let me go a fight 
seriously ever before 

but you don't know my ability
to control a destiny
I've never showed anyone
even though how much you are in 
advantageous position
I will turn the tables instantly

(chorus)

(訳)
とうとうこの時が来た 私はここに立って貴女と対峙している
どんな手を使おうとも どんなに卑怯であっても
ここで許されないことなんてないの
でも お祈りは済ませた?
帰るにはもう遅いのよ
貴女がどんなに私に許しを乞うても
誰も助けになんて来てはくれないわよ
考える必要なんてなかったみたいね
貴女の目が 腕が戦いたいと伝えている
私たちを縛るモラルやルールはこの劇場では必要ないの
さあ 始めましょう

ショウタイムの始まり
暴力性を解放しろ
貴女は抑える必要がない
飢えた獣に変えてあげる

もっと高い場所に連れて行ってあげる
雲を突き破って
この景色が見える?
真紅の月に吠える私の姿が

とうとう頂点の時が来た
こうやって私たちは命を削りあっている
どれだけの弾丸を見たか どれだけ汗をかいたか
もう覚えていない
人間にしてはやるじゃない
私をここまで追い詰めるなんて
私をここまで本気で戦わせるのは貴女が初めてよ

でも貴女は私の能力を知らない 運命を操作できるの
今まで誰にも見せたことはないわ
貴女がどれだけ優位な立場にいても
​私はそれを一瞬でひっくり返せる

6.チルノあんたおバカすぎ
チルノあんたおバカすぎ(チルノあんたおバカすぎ)
あたいはバカじゃないもん だってあたいは元気だもん 幻想郷最強だもん
朝ごはん食べてるもん 寝る前歯磨きするもん
あうあう バカていうな あたいは できる子だもん
あんまバカバカ言うな バカっていう奴がバカだもん 
最強なとこ見せちゃうよ アイシクルフォールeasy
チルノあんたおバカすぎ(チルノあんたおバカすぎ)
あたいはバカじゃないもん 1たす1わかんない ソロバンって美味しいの?
カエルは凍らせるもん でも本当は優しいもん
あうあう バカていうな あたいは できる子だもん
あんまバカバカ言うな バカっていう奴がバカだもん 
最強なとこ見せちゃうよ アイシクルフォールeasy
チルノあんたおバカすぎ(チルノあんたおバカすぎ)


7.I Love You
how many times have we injured each other this time again
how many times have we decided to go different ways 
I believe I can meet you again after turn around the earth
I believe It's the process to confirm how I love you again

(chorus)
I play the music in the autumn night 
In the winter I'm freezing in the cold wave
keep (on) walking to reach for the promised place
spring has passed in the flourish sunflower field

I say I love you it's only you 
so let me be with you passed the hundred nights
I say I love you same place with you 
so let me be with you need nothing but only you and I 
(chorus)

(訳)
どれだけ お互いを傷つけあっただろう 今回もまた
どれだけ 違う道を行こうと決めただろう
信じている 私は地球を一周してまたあなたに会える
信じている それは私がどれだけあなたを愛しているか確認するための過程だって
秋には音楽を奏でよう 冬には寒波に凍え
約束の地に辿り着くために歩き続け
春は過ぎ 満開の向日葵畑の中で

私は言うよ あなたを愛している あなただけなんだ
一緒にいてほしい 100の夜を越えて
愛している あなたと同じ場所で
​一緒にいてほしい あなたと私さえいれば他に何も要らない

8.FIREFLY ,FLIES 

there used to be a perfect silence
but only the whisper of crickets
so that place was utopia for them

she lived there with her family 
sometimes led them  other times guard 'em 
they used to be spending time of peace

they know however that place was on the risk 
of the destruction by developments
moon light faded and street lights rose up 
oh no I can't stand living here anymore

beginning of time for running away 
to seek the place where they can live under peace
she navigates with their lights off 
the party of the firefly flies

she knows finally there's no longer the place
left for them it won't last place for us 
anguish and despairing but she kept 
her face up high and found crack in the sky
she looked into it

the another world spreading there
the silence and moon light are alive not changed 
she has decide no other choice 
to navigate the family to be final immigrant

time has come to say good-bye
let them know that by the full of lights
keep on flying to the another world
the party of the firefly flies

by her shouting 'follow me'

(訳)
そこにはかつて 鈴虫の鳴き声以外 完璧な静寂があった
彼らにとっては理想郷だった
彼女は彼女の家族と暮らし 
ときに彼らを導き また彼らを護り
彼らは平穏な時をすごしていた
でも 彼らは知る その場所は開発により消滅の危機にあることを
月の光は陰り 街灯がせり上がる
「ああ この場所にはもういられない」

逃亡生活の始まり 平和に暮らせる場所を求めて
彼女は先導する 彼らの灯りは消したまま
蛍の一行は 飛ぶ

そして彼女は知る 残された場所はもう無いと
この場所も もう長くもたない
苦悩と絶望 それでも彼女は顔を上げ続けた
そして見つけた 空にヒビを
彼女はそこを覗き込んだ

もう一つの世界がそこには広がっていた
静寂と月光が変わらずにそこにはあった
彼女は決めた もう他に選択肢はない
家族を連れて 最後の移住に出た

おわかれの時はきた
満点の光で知らせてやろう
もう一つの世界に向かって飛び続ける

彼女の「ついてきて」という叫びに乗せて
蛍の一行は 飛ぶ

9.最後の言葉は
見送る君の瞳に 僕は何を伝えよう?
「さよなら」だけじゃ足りないから 曖昧な顔で笑った

目が覚めて「おはよう」 眠る時は「おやすみ」
いくつもの言葉を 僕らは交わしたけど

それでも 見送る君の瞳に僕は何を伝えよう?
言葉を探して戸惑うから 曖昧な顔で笑った

いまでも覚えている たくさんの思い出
浮かんでは消えてく
何か伝えなくちゃと 心が急かすんだ
最後の言葉は?

喧嘩して「大嫌い」 仲直り「ごめんね」
そうやって僕らは 今までやってきたよ

それでも見送る君の瞳に僕は何を伝えよう?
「元気で」じゃ味気ないから 寂しげな顔で笑った

今ベルが告げる お別れの場面(シーン)を
時間が迫って
そして思いは巡る 瞳の奥底に
最後の言葉は?

最初から知っていた 二人別々に歩むこと
それが僕らのベクトル
慰めて 傷つけて 二人悲しんで 喜んで
支え合ってきたこと

今 ドアが閉まる それを足で止めて
見つめた 君の瞳(め)
そう 月並みだけど これだけは伝えよう
最後に
「ありがとう」